とうもろこしの栽培方法

とうもろこしの栽培・育て方をご紹介します。とうもろこしの栽培は植物の中では中程度の難易度です。注意して栽培すれば収穫するのはさほど難しくありません。挑戦してみてはいかがでしょうか。

種まき・4月下旬~5月中旬
収穫・7月下旬~8月中旬

とうもろこし栽培のポイント

  • 連作できるが輪作が望ましい
  • 2条植え以上にする事
  • 種を鳥に狙われやすい
  • 株数が少ないと歯抜けになる

種まき

株間を30~50㎝にビンの底で鎮圧して穴を開ける。1条だと受粉しにくいので、2条植え以上にする。1箇所3~4粒まき、2~3㎝土を被せかかとで踏みつける。

鳥対策

苗用の白ポットを逆さにして被せ、飛ばないように真ん中の穴から割り箸を土の中へ差し込む。又はネットを被せたトンネルを作る。

間引き

本葉3~4枚のころに1本立ちにして、土寄せする。

土寄せ

草丈が70~80㎝伸びたころに、倒伏防止に土寄せする。

追肥 雄穂の出る前、過石と硫安を同量混ぜたもの1握りを、2mの見当で条間に撒き、土を被せる。

敷きわら

実が入るころ、乾燥防止に敷きわらかマルチングをする。

雌穂どり 1株に雌穂が2~3本でる。全部収穫しようとすると養分が分散されて収穫できなくなるので、最上部の雌穂のみ残して、他は早めにかきとる。とったものはベビーコーンとして利用できる。

嶽きみ 購入・通販はこちら ニュースもおいしい 嶽きみブログ 知らずに食うべからず 嶽きみ物語 嶽きみパンフレットダウンロード